商品

セキュリティ .

セキュリティソリューション。 危険を数秒で検出して警告する自動化されたアンダーボディスキャン

動画を観る

高速スキャン - セキュリティーに妥協はしません

車両の下に潜む安全性への課題

 

アンダーボディの検査は、セキュリティチームにとって困難な場合があります。

 

アンダーボディにアクセスすることは難しいため、車のアンダーボディは敵が爆発物、武器、薬物などを隠すには、理想的な場所です。鏡を使っても限られた部分しか確認できず、検査官は実態のごく一部しか見ることができません。 これらの従来の方法は時間を要し、不正確で、人為的ミスが生じやすいため、検問所が機能していないという事態に陥ってしまいます。

 


UVeyeによるHeliosの導入

 

UVeyeは、自動化されたアンダーボディ検査スキャナーであるHeliosで車台検査の基準を打ち立てました。

 

このシステムは、通過するアンダーボディをスキャンしながら高解像度の画像を取得し、高度な深層学習アルゴリズムを使用して、ほんの数秒で異常を検出して警告します。 UVeyeを使用することで、セキュリティチームはアンダーボディをすばやくスキャンして、検査の高度なセキュリティ基準に妥協することなく交通の流れを維持できます。

 

 

 

 

 

広範囲な視界

複数のカメラからXNUMXつになった完全な視野を実現します。

複数の高解像度カメラが様々な角度から高精細な画像を撮影し、車両の下部を可能な限り幅広くカバーします。

自動脅威検出

脅威のリアルタイム検出

UVeyeの高度な画像処理とディープラーニングアルゴリズムは、車両の車台の脅威を自動的に検出し、ドライバーに警告します。

直感的なプラットフォーム

見やすいUI

このシンプルで使いやすいダッシュボードは、異常にフラグを立てて、脅威の特定から推測を排除します。

使用事例

  • 空港

    頻繁にテロの標的となる空港は、交通の流れを確保するために多くの課題に直面しています。 安全性への懸念があれば飛行・操縦は不可能です。 空港の敷地内やエプロンなどのより高いセキュリティエリアに入るすべてのアンダーボディを検査する必要があるかどうかにかかわらず、検査中の長い待機やセキュリティ基準の妥協の余地はありません。

    UVeyeは通過するすべてのアンダーボディをスキャン、分析、記録し、フライトを予定どおりに保つためのセキュリティを確保します。

  • 海港

    世界貿易の約 80%+ は依然として海上が主流であるため、危険から保護する必要のある重要な商業ハブとなっています。 アンダーボディ検査の最高レベルのセキュリティと通行量を維持する必要性のバランスをとることは、セキュリティチームにとって課題です。 検査速度は生産性と直接的な相関関係があり、検査が遅れるほど、商品を運ぶトラックが少なくなります。

    UVeyeは、刑務所がすべての通過アンダーボディの責任あるスキャン、検出、およびレポートを使用してコンプライアンスとセキュリティを確保するのに役立ちます。

  • 刑務所

    更生施設の安全を確保するには、武器、薬物、その他の禁制品の密輸を防止するための厳しい立ち入り管理が必要です。囚人輸送車、職員用車両、業務用車のアンダーボディーは施物品を隠すために利用されることが有ります。従来の方法 (検査用トレンチや鏡など) は低速であり、視認性が限られており、人為的エラーが発生しやすく、適切な報告書作成の機能を満たしていません。

    UVeyeは、通過するすべての車両のスキャン、検出、報告を行い、刑務所がコンプライアンスとセキュリティを確保するのを支援します。

  • 大使館

    国の顔である大使館は、地元暴徒による攻撃のリスクに晒されることがあります。爆発物を積んだアンダーボディ(VBIED)と武器の密輸が懸念されるため、大使館周辺の検査は不可欠す。敷地の入り口にある狭い通路を攻撃される可能性があるため、迅速な検査が求められ、また正確なスキャンソリューションが必要になります。

    UVeyeのアンダーボディスキャンは、ほんの数秒で小さな物でも検出し、周辺に危険な物質が侵入するのを防ぎます。

  • 出入国管理

    国の門である国境検問所は、その国に立ち入る人や物の流れを監視しています。国境検問所では毎年数億件の合法な国境通過が行われているため、麻薬や武器などの違法物の検査が必要です。セキュリティが最優先事項ですが、特にアンダーボディに関しては、交通の流れを維持しなければならないという重圧が検査の質と量の低下につながります。

    UVeyeの迅速かつ正確なスキャンおよび検出技術により、国境警備チームは、施行に妥協することなく、より多くのアンダーボディをより迅速に検査することができます。

頻繁にテロの標的となる空港は、交通の流れを確保するために多くの課題に直面しています。 安全性への懸念があれば飛行・操縦は不可能です。 空港の敷地内やエプロンなどのより高いセキュリティエリアに入るすべてのアンダーボディを検査する必要があるかどうかにかかわらず、検査中の長い待機やセキュリティ基準の妥協の余地はありません。

UVeyeは通過するすべてのアンダーボディをスキャン、分析、記録し、フライトを予定どおりに保つためのセキュリティを確保します。

世界貿易の約 80%+ は依然として海上が主流であるため、危険から保護する必要のある重要な商業ハブとなっています。 アンダーボディ検査の最高レベルのセキュリティと通行量を維持する必要性のバランスをとることは、セキュリティチームにとって課題です。 検査速度は生産性と直接的な相関関係があり、検査が遅れるほど、商品を運ぶトラックが少なくなります。

UVeyeは、刑務所がすべての通過アンダーボディの責任あるスキャン、検出、およびレポートを使用してコンプライアンスとセキュリティを確保するのに役立ちます。

更生施設の安全を確保するには、武器、薬物、その他の禁制品の密輸を防止するための厳しい立ち入り管理が必要です。囚人輸送車、職員用車両、業務用車のアンダーボディーは施物品を隠すために利用されることが有ります。従来の方法 (検査用トレンチや鏡など) は低速であり、視認性が限られており、人為的エラーが発生しやすく、適切な報告書作成の機能を満たしていません。

UVeyeは、通過するすべての車両のスキャン、検出、報告を行い、刑務所がコンプライアンスとセキュリティを確保するのを支援します。

国の顔である大使館は、地元暴徒による攻撃のリスクに晒されることがあります。爆発物を積んだアンダーボディ(VBIED)と武器の密輸が懸念されるため、大使館周辺の検査は不可欠す。敷地の入り口にある狭い通路を攻撃される可能性があるため、迅速な検査が求められ、また正確なスキャンソリューションが必要になります。

UVeyeのアンダーボディスキャンは、ほんの数秒で小さな物でも検出し、周辺に危険な物質が侵入するのを防ぎます。

国の門である国境検問所は、その国に立ち入る人や物の流れを監視しています。国境検問所では毎年数億件の合法な国境通過が行われているため、麻薬や武器などの違法物の検査が必要です。セキュリティが最優先事項ですが、特にアンダーボディに関しては、交通の流れを維持しなければならないという重圧が検査の質と量の低下につながります。

UVeyeの迅速かつ正確なスキャンおよび検出技術により、国境警備チームは、施行に妥協することなく、より多くのアンダーボディをより迅速に検査することができます。

お問い合わせ

Schedule a Demo Today

Learn more about how we are changing the face of vehicle inspections

.